レビトラは食事委に左右されないって本当?

最初に登場したED治療薬は服用する時には食事による影響が大きかったために食事に対してかなり注意をしたうえで服用する必要があったのに対し、その後に登場したレビトラの場合は食事の影響を受けにくいという事がメリットの一つとして販売されるようになっています。
ただ、食事の影響を受けにくいというのは食事の影響を受けないという訳では無いので、その点については誤解せずにきちんと理解をしておくべきです。
どうしてED治療薬が食事の影響を受けるのかというと、食事分に含まれている脂分が食べ物の消化や吸収を行う胃や腸の壁に膜を形成してしまい、その膜が薬の吸収を妨げるからです。
これは最初に登場したED治療薬だけでは無くてレビトラについても当てはまる事であり、薬の効果を最大限に活かすのであれば空腹時に服用するのが最善であるという事には変わりないのです。
それでは食事の影響を受けにくいというのは嘘なのではないかという疑念があるかもしれないですが、デタラメという訳では無くてレビトラの場合は成分が他の治療薬と比べて水に溶けやすいという性質があり、その性質のおかげで食事の影響を多少は受けにくくなっているというのも事実ではあります。
ある一定の食事量では影響を受けないというデータがあり、標準的な食事の影響を受けないという表現が用いられています。
普段の食事量が多かったり量は多くなくても脂質が多い食事をすればその影響を受ける可能性は否定する事が出来ず、また、いずれにしても先ほども述べたように空腹時に服用した方が薬の効果が発揮できるのです。
そのために出来る限りは空腹時に服用するようにして、どうしても食後に服用する事になる場合は食事は控えめにしてあっさりしたものを食べるようにした方が良いです。