なぜ?レビトラは即効性があるのか

時計

レビトラは世界で2番目に発売されたED治療薬で、日本でも厚生労働省が認可することによって、泌尿器科などの病院で処方されています。
3大ED治療薬のひとつとして数えられるので、名前を知る人も多い飲み薬です。
レビトラの特徴は、世界で初めて発売されたバイアグラより効果が続く時間が長く、最大で10時間は作用すること、さらに副作用のリスクが少ないといった点がありますが、それ以上に着目する点は即効性にあります。
バイアグラでも服用から効果が発現するまで30分から1時間はかかると言われていますが、短時間作用型として開発されたレビトラは早い人なら15分ほどで効果があらわれます。
この早さはED治療薬でなくとも、医薬品の中でもかなり特徴的です。
性行為は様々なシチュエーションから起こり得るもので、何の予兆もなしに良い雰囲気になってきたから始まったということもあるため、早く効果が出るというのは重宝します。
これだけ早く効果があらわれる理由には、レビトラの成分であるバルデナフィルの性質にあります。
バルデナフィルは水やエタノールに溶けやすいため、服用してから表面のコーティングが剥がれると胃酸などですぐに溶け出し、腸管などから体内に吸収されます。
効果が発現するまでの時間が通常の薬剤より短縮されているので、血中濃度が最高値に達するまで20分もかからないとされます。
一般的な薬剤なら溶けるだけでも時間がかかるので、溶けやすいという点では他の薬剤よりも優れていると言えます。
ただし、効果的な飲み方は空腹時と言われていて、食事などによってお腹が膨れている状態では、上手く吸収されないので飲むタイミングをしっかりと見極めなければいけません。
特に脂質によって吸収が阻害されやすいので、脂っこい食事、牛乳などと一緒に飲むのは避けるようにしましょう。